上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年度第1回役員会

近畿府県商工会青年部連絡協議会(近青連)の2013年度第1回役員会を終えて、18時からA監事(藤井寺市)とT監事(四條畷市)を交えての会計監査と、かつて大青連の事務局を担当された大阪府商工会連合会職員のNさんにご助力いただき、2011~12年度の三役(正副会長・監事)による最後の三役調整会議を経て府内16単組のうち、15単組の新旧部長の皆さんにご出席いただき、19時30分から大青連の2013年度第1回役員会が行なわれました

来月8日(水)に予定している第44回臨時総会に上程する2012年度事業報告書および決算報告書と、2013年度事業計画書および予算書を新旧部長の皆さんに審議していただき、満場一致で可決された他、大青連の役員会に先立って行なわれた近青連の第1回役員会で、A会長(滋賀県)から報告された6月10日商工会の日に合わせて新年度も実施する全国統一“絆”感謝運動への協力と、2013年度期首会員に対する全国統一100円玉募金への協力を依頼させていただきました

また青年部員の卒業年齢を45歳までとする協議が、全国商工会連合会からの要望によって、全国商工会青年部連合会(全青連)で始まり、1981年度に全国で116,100名いた青年部員が、2012年度には45,000名あまりに減少し、最盛期の半数以下となった青年部員の増強は、全国的に大きな課題となっていて、近青連が昨年12月31日まで実施した青年部員増強運動にて、近畿2府5県(大阪・京都・滋賀・奈良・兵庫・福井・和歌山)内180単組のうち、河内長野市商工会青年部が3位となった他、阪南市商工会青年部も4位となるなど、地域コミュニティの再生に欠かせない青年部員の更なるネットワークづくりが、地域の活性化につながることを地域振興発展の先駆者として自覚し、今後も各単組での青年部員増強に取り組んでほしいと、改めて依頼させていただきました

2013年度第1回役員会にご出席いただきました新旧部長の皆さんに感謝を申し上げ、今後ともチーム大青連の活動に対するご協力を宜しくお願いしますm(__)m。

written by かっきん
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。